2005年06月29日

星になった少年−Shining Boy & Little randy− (2005/日本)


実話だという。

後半部分に主人公:坂本哲夢が象さんショーを
開くんだけど、そこで話すメッセージが、すごく胸に響いた。
で、「ほぅ、こんな人が居たのね。彼が生きていたら、今、
どうなってたのかなぁ。」って漠然と思っていた。
「なんで・・・。もったいない」って。

とはいえ、ストーリ展開的には、意外にあっさり。

こんなことがあった、あんなことがあったと淡々と流され、
主人公の一生をダイジェストにして見ただけという気分。
一応、タイ象との心を通わすまでの流れとかもあるんだけど、
「なんでこうしたら、こうなるの?」って疑問に思ったり。

全体的にちょっと斜めの見方をしてしまった気がする。
内容が盛りだくさんすぎたのか? 
きっと描くには、もっと時間が必要だったのかな?

それに、実在の人物がモチーフなので、変に脚色しても、
おかしいのかもしれないけど。

だから、象を通して成長しつつ夢半ばでこの世を去った男の子やその家族の
“交流ドラマ”を求めて、泣くために映画を観に行ったら、
おそらく不完全燃焼になるんじゃないかなぁ。

ただ、映画を見た人に、こんな人物がこの世に存在していたんだよと
伝えることを目的に製作していたら、きっと大正解。

それにしてもいい役者さんが揃ってた。
倍賞美津子さん万歳。やはりすごい女優さんだと思う。
彼女がいるだけで、彼女の小さな表情ひとつひとつが
いいアクセントで、すごくドキンとした。

そして、柳楽優弥。なんと目の力の強いことか!!
強すぎて、強すぎて・・・。台詞が負けてる。しゃべるなって思った。
将来の織田裕二か?!

常盤貴子。綺麗で、若くて、とても高校生になる息子が
いるようには見えず・・・。
すごくいいんだけど、そこだけずっと違和感でした。ごめんなさい。

あと、坂本龍一らしい、雰囲気のある音楽だった。


星になった少年 【東宝】 
出演:柳楽優弥、常盤貴子、高橋克美、倍賞美津子、蒼井優、他

posted by tiny baby at 01:38| Comment(0) | TrackBack(2) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

恋する神父[Love, So Divine] (2004/韓国)



ど・ストレート! 
久しぶりに観たな、ラブストーリー。
良い、非常に良い。わかりやすい。
オチすら見えるが、良い、良かった。

メインの人物設定とか、ホントわかりやすくて、
次に言う台詞とか、予想ついちゃう。 ん〜、でも許せちゃう。

日本にも、似たようなストーリーのものあったよなぁって、
なんだか懐かしかった。韓国恋愛映画ってホントピュアなのね。 

でも、韓国映画に出てくる女の子って、なんであんなに強いんだろう。
ボッコボコ相手の男の子殴ったりするのね。国民性の違いかね?
『猟奇的な彼女』だってそうだったし。私が観たのが、たまたま?


恋する神父 【東芝エンタテインメント】 
出演:クォン・サンウ、ハ・ジウォン
posted by tiny baby at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

スターウォーズ エピソード3 シスの復讐
[Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith] (2005/アメリカ)



去る6月18日(土) チャリティプレミア試写会で観てしまいました。
いやぁ、感動ですね。観れたことも行けたことも。

中に入ると、キャラクターのコスプレした人たちがいっぱい居て、
ちっちゃなオビ=ワンや、まるで平安京に居そうなアミダラ王女とか。
ダースベーダーとかダースモールとかわんさか!
写真撮るのに夢中で、募金し忘れちゃった。ごめんなさい。

席に座ると、会場にテーマ曲が流れると観客大歓声!
コスプレした人とかも普通に座席に座ってるし。

いやぁ、およそ30年にわたるスターウォーズの長い長い歴史に
ピリオドだよ。ピリオドというか、やっと繋がったというか。

それにしても、アナキンがダースベーダーになっていく様子は
胸にくるものがあったなぁ。
結果はわかっていても、どうやってダースベーダーになっていくのかは、
想像もつかなかったし。

そりゃ、スターウォーズのかなりファンの人から言えば、
全作品通してのつじつまが合わないだのあるのかもしれないけど、
私は気づかず、楽しめた。相変わらず、ヨーダ格好いいっ!

試写後にも、舞台にこの映画のプロデューサー?のおじさんが
出てきて、スターウォーズについて話してくれました。
こういうのが試写会のいいところやね。

「映画としては終了だけど、エピソード3とエピソード4の
ストーリー間には、約20年のブランクがあるから、
それを100時間くらいのTVドラマにしていこうと思う」と
通訳さんが言ってました。

100時間って!

日本でも見れるのかな。



スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 【20世紀フォックス】 
出演:ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、
   クリストファー・リー、サミュエル・L.ジャクソン
posted by tiny baby at 10:55| Comment(0) | TrackBack(3) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

キャットウーマン[CATWOMAN] (2004/アメリカ)



初めてレザースーツを着て、宝石店で大暴れするとき、
あのかわいいハル・ベリーが、研ナオコに見えたのは
私だけだろうか・・・。

絶対、服着てるほうが、ハル・ベリーは
セクシーでかわいい!・・・と、私は思う。

あ〜ん、ミシェル・ファイファーの
キャットウーマンも捨てがたい!!

はぁ、シャロン・ストーンは歳をとっても、迫力がある。
ああいう悪女がやっぱり似合う。

ってなことを考えてたら、あっと言う間に映画が
終わっていました。

そして、日曜日を映画三昧で過ごすのもあっという間。
今日はこれで4本目。


キャットウーマン 【ワーナーブラザース】 
出演:ハル・ベリー、ベンジャミン・ブラット、シャロン・ストーン

posted by tiny baby at 20:42| Comment(0) | TrackBack(3) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプット〜記憶〜[SECOND NATURE] (2003/アメリカ)

インプット.jpg
「飛行機事故で妻子を失った主人公の記憶は偽りのものだった。
本当の自分はいったい何者なのか?」

っていうのは、ありがちな設定で、
かつ、ありがちなエンドへ向かっていくものの、
途中はえっ?どうなるの?誰が悪者なの?みたいな
ドキドキやワクワクがあってちゃんと最後まで楽しめた。

良い記憶を植えつければ、悪い人も善人になるって発想は
素敵だなぁ。実際のところはどうなんだろう?
幼少期の経験は、やはり人格形成の柱となるんだろうか?

それにしても、ボールドウィン兄弟って
ぜんぜんキャラが違うよなぁ。
ダニエルやウィリアム、スティーブンは最近何に出てるのかな。


インプット〜記憶〜
出演:アレック・ボールドウィン、パワーズ・ブース
posted by tiny baby at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二重誘拐[The Clearing] (2004/アメリカ)



まさに、ナンセンスな邦題をつけたものです。

観終わって、「え?どこが二重?」と思ってしまった。
まったく意味のわからんタイトルだ。

この邦題によって、観客を動員しようと思ったのかねぇ。
ほとほと、邦題のセンスのないつけ方に呆れます。

確かに誘拐劇だけど、どちらかというと誘拐そのものよりも、
誘拐された男と家で安否を気遣う妻との心の絆を描く
ヒューマンドラマといった感じ。

なので、タイトルでドキドキハラハラのサスペンスを
期待してはいけない。そういう私も、その一人だったが!

誘拐という事件によって、長年連れ添った夫と妻が
深く相手のことを考え、お互いの気持ちが明確化してくるという、
心の描写劇としては、ありなのかな。

だから、事件そのものがどうだったとか細かい描写は
あまりなされてなかったし、
サスペンスとしては、そもそもこの映画のジャンルが
違う気がするので評価できないけれど。

お互い分かり合えて良かったようにも思えるし、
誘拐なんてなければよかったのに!とも思える。

なんか切なくなった。


二重誘拐 【20世紀フォックス】 
出演:ロバート・レッドフォード、ウィレム・デフォー

posted by tiny baby at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャシャーン[CASSHERN] (2004/日本)



監督・撮影監督・編集・脚本:紀里谷和明 って書いてあった。
相当思い入れがあったんだろうなぁ、宇多田ヒカルの旦那さん。

公開時、賛否両論のあった作品で興味はあったものの、
なんとなく手がだせなくて、やっと借りて観た。

アニメ「新造人間キャシャーン」についてはなにも知らない。

でも、監督の世界観というか、色彩美というかそこはすごい。
ていうか、目が痛い。よく観りゃキャストもものすごい。
話のメッセージも、人間であるが故の感情の波、衝動というか、
一貫してて、良くわかる。が、しかし。

テンポかなぁ。なんだろう。一気に観れなった。夢中になれなかった。
結局、途中で止めて、別の映画見ちゃった。

あとで、気が向いたら続きを見ることにする。


CASSHERN 【松竹】 
出演:伊勢谷友介、唐沢寿明、麻生久美子、寺尾聡、樋口加奈子
   小日向文世、宮迫博之、要潤 他

posted by tiny baby at 15:20| Comment(0) | TrackBack(1) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。