2005年06月29日

星になった少年−Shining Boy & Little randy− (2005/日本)


実話だという。

後半部分に主人公:坂本哲夢が象さんショーを
開くんだけど、そこで話すメッセージが、すごく胸に響いた。
で、「ほぅ、こんな人が居たのね。彼が生きていたら、今、
どうなってたのかなぁ。」って漠然と思っていた。
「なんで・・・。もったいない」って。

とはいえ、ストーリ展開的には、意外にあっさり。

こんなことがあった、あんなことがあったと淡々と流され、
主人公の一生をダイジェストにして見ただけという気分。
一応、タイ象との心を通わすまでの流れとかもあるんだけど、
「なんでこうしたら、こうなるの?」って疑問に思ったり。

全体的にちょっと斜めの見方をしてしまった気がする。
内容が盛りだくさんすぎたのか? 
きっと描くには、もっと時間が必要だったのかな?

それに、実在の人物がモチーフなので、変に脚色しても、
おかしいのかもしれないけど。

だから、象を通して成長しつつ夢半ばでこの世を去った男の子やその家族の
“交流ドラマ”を求めて、泣くために映画を観に行ったら、
おそらく不完全燃焼になるんじゃないかなぁ。

ただ、映画を見た人に、こんな人物がこの世に存在していたんだよと
伝えることを目的に製作していたら、きっと大正解。

それにしてもいい役者さんが揃ってた。
倍賞美津子さん万歳。やはりすごい女優さんだと思う。
彼女がいるだけで、彼女の小さな表情ひとつひとつが
いいアクセントで、すごくドキンとした。

そして、柳楽優弥。なんと目の力の強いことか!!
強すぎて、強すぎて・・・。台詞が負けてる。しゃべるなって思った。
将来の織田裕二か?!

常盤貴子。綺麗で、若くて、とても高校生になる息子が
いるようには見えず・・・。
すごくいいんだけど、そこだけずっと違和感でした。ごめんなさい。

あと、坂本龍一らしい、雰囲気のある音楽だった。


星になった少年 【東宝】 
出演:柳楽優弥、常盤貴子、高橋克美、倍賞美津子、蒼井優、他

posted by tiny baby at 01:38| Comment(0) | TrackBack(2) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。