2005年07月04日

KERA・MAP#004「ヤング・マーブル・ジャイアンツ」


7/3(日) 吉祥寺シアター 千秋楽

ようやく観ることができた。

いつからなのか、ナイロン100℃の大倉孝二さんを
導入としてKERAさんを知り、
大倉さんを作ったケラリーノ・サンドロヴィッチなる人は
どんな人なんだろうって、なんとなく名前を知っていた程度で、
詳しくも知ろうともしなければ、
すぐさまチケットを取って観にいく!ってほどでもなかった。

この舞台もたまたま知った。
けど、そのときズキンって何かが胸が響いて、
行けるかもわからないくせに、チケットを買っていた。

満席。考えたらよく取れたよな、楽日のチケット。

舞台は引き込まれて、2時間45分という長丁場が
あっという間だった。いつもKERAさんの舞台は長いらしい。

今回はフルキャストオーディションということで、
若い人たちがほとんどなのだそうだ。
“Young Marble Giants” 訳すなら、“若い大理石のような才能たち”かな?

とはいえ、十分観れたし、すごく面白かった。

ユカとケンタロウの姉弟が一応軸にはなっているけど、
主役という主役がおらず、どの場面でも誰かしらが主役であり、
これがマーブルの意味ゆえなのか?

そして、ラストはその軸の姉弟ペアが何組も入り乱れて登場する。
これはマーブル模様という意味なのか?

舞台の正面が劇場の搬入口にもなっていて、
その扉が開けられ、いっぱい出現していた姉弟ペアが
わらわらとその搬入口から出て行き、消えていく。

なんなら、搬入口から見える実際の外の景色さえ、
舞台の中の1シーンに仕立て上げてしまう演出。
“Young Marble Giants”が世界へ踏み出す姿を意味するのか?

そして舞台後、挨拶に出てきた本物のKERAさん。
意外に普通の、顔の大きめなおじさんだった。
その言葉で千秋楽に来ていることに気づかされ、
勢いでチケットを買った自分に感謝した。

また、「この舞台で気にいった役者の応援を是非」という
自らよりも相手のことを思う言葉にも、感動した。
偉大な演出家も、演出する相手がいなければ、
どんな才能があったって、作品は作れないのである。

また、いつか観にいかなくては!

ナイロン100℃ 
主宰:KERA(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
posted by tiny baby at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

elliott LIVE 2005 〜ボクラノフネ〜 Vol.5


7/2(土)渋谷のO-crest
友人に連れられて観にいった。

とはいえ、私自身はライブやコンサートって
ほとんど行かないし、ましてや“elliott”なんて知らないし、
付き合いで行ってみたからだったせいか、
「5Fまで階段なんて!」って文句たらたら思いながら会場到着。

中はパイプ椅子もあって、客層もどっちかといえば
20代後半以上の大人。なんていうか、外見もおよそライブに
来る人たちみたいじゃないんです。
あえていうなら、ファミレスに来るお客さんたちみたいに、
全ジャンル居る。しかも満杯。

でも、聴いてその理由がわかった。音楽のジャンルはわからないけど、
「ノリノリで客みんなが立ち上がってジャンプしまくる音楽」ではなくて、
「ジャンプしたい人も、したくない人もどっちも聴ける音楽」って感じで、
私にとっては懐かしい響きというか、イヤミじゃないというか。

あんなに嫌々のぼった階段を、上がってきてよかったなぁって、一発目で
気に入ってしまいました。ボーカルの女の人の声も良かった。

始めは固かったお客さんの顔が、どんどんほぐれていって、
もちろん、私もその中のひとりだったわけだけど、
超有名なわけでもない“elliott”の音楽でこの現象。
やっぱ、音楽ってすごいよなぁ。

歌詞も全体的には、「落ち込んだり失敗したりするけどさ、
人生前向きに!よ〜し、私頑張る!」という雰囲気のものが多く、
人を選ばない曲っていうか。誰が聞いても、理解できると思う。

こんなにいい歌を歌う人が居るのに、この人が有名じゃないなんて、
芸能界って一体どんなところなんだろうね。

いやぁ、久々のヒットでした。彼女の声は、ライブで聴かないと
もったいないと思う。CDじゃ魅力が伝わりきらない。

とはいえ、今日買ったSONYのネットワークウォークマンに入れる曲、
第1号に決定です。


elliott 【イエスコレクティッド】 
posted by tiny baby at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。