2005年10月21日

ブラボーカンパニープロデュース 天晴お気楽事務所
第26回公演 「ウルトラスープレックス」

池袋。 東京芸術劇場小ホール。
初日。

初めて観た。面白かった。
コントシリーズでした。
まぁ、世代によってはオチがわからなくて、
しっかり楽しめなかったかも。
だって、シャー・アズナブルって・・・。
ガンダム初代の頃のキャラだし。

何より面白かったのは、最後にやった
「7人によるライオンキング(3分バージョン)」
3分の割にはだいぶ長くて、慌てるから被り物とか間違って出てきちゃったり。
でも、それは計算ずくなんだろうと思ってスゲ〜って感心していたのに、
大騒ぎで何とか最後までやり遂げてカーテンコールのとき、
「劇場が22時までで閉まっちゃうので、急いで出てください!」という挨拶。

開始から2時間半たってたこともビックリしたけど、
役者7人が終わらせようと本気で焦ってたんだ!みたいな。
さらに、前半でやってた刑事コントには続きがあったけど、
時間内に収めることが出来なかったらしい。

舞台なのにそんなめちゃくちゃな時間配分だなんて。ウケた。

劇団ブラボーカンパニー 
座長:福田雄一
役者:山本泰弘、佐藤正和、鎌倉太郎、金子伸哉、野村啓介、太田恭輔、蘭真人
posted by tiny baby at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

ブラザーズ・グリム[THE BROTHERS GRIMM]
(2005/アメリカ・チェコ)


グリム童話がアドベンチャーファンタジーに
リメイクされてるのかと思ったら、
まったく違っていた。

童話を書いたグリム兄弟が主人公だった。
彼らはモンスターハンターだったってのが、
斬新じゃございませんか。

つまり、「赤ずきん」や「白雪姫」「眠りの森の美女」
「灰かぶり」などの有名な話は、
このモンスターハントの中で経験した出来事から作られた
ものだったと理解できるわけです。

いや〜、なるほどねぇ。テリー万歳!

話の本筋は全然違うものだけど、あぁ、この話もグリム童話だったけ?って
小さい頃読んだお話を思い出してました。
イソップ物語とグリム童話の違い、まったくもってうろ覚え状態・・。

あと、どうしてもグリム兄役のマット・デイモンが兄には見えず、
弟のヒース・レジャーが兄に見えて、自分の中で調子が狂ったかな。

映画自体はアドベンチャーなだけあって、ブワァ〜って話が進んで、見ごたえは十分。
どっちかっていうと、「本当は恐ろしいグリム童話」だっけ?大人向けのグリム童話本、
そっち寄りの映像がちょっと気持ち悪いから、グリムと言えど子供向きではないと思う。

「ウィロー」とか、「ネバーエンディング・ストーリー」と雰囲気似てるかも。
あ、「スリーピー・ホロウ」かも!


ブラザーズ・グリム 【東芝エンタテインメント】 
監督:テリー・ギリアム
出演:マット・デイモン、ヒース・レジャー、ジョナサン・プライス、
   ピーター・ストーメア、レナ・ヘディ、モニカ・ベルッチ
posted by tiny baby at 17:50| Comment(0) | TrackBack(23) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

私の頭の中の消しゴム (2004/韓国)


泣けた。悲しい。
もし、自分の中に消しゴムがあったら・・・。

どんなにつらいことでも、
すべて忘れてしまうのは、やっぱり嫌だ。
せっかく好きな人と一緒にいるのに、
相手さえ覚えていられなくなるなんて。

あのアメリカのレーガン元大統領と同じってことか。
ましてや、主人公は20代の若さ。体力的には何も問題ないし、
残り何十年も人生が残っているのに、自分のことすら
何も出来なくなってしまうだなんて。

歳とって、物忘れがひどくなるなら、自分自身が老朽化してきたって
なんとなく納得もできそうだけど、しっかりと認識できるときに、
宣告されて過ごしていくって、どんな気分だろう。
考えるだけでも恐ろしい。

韓国映画らしい、ベタなパターンで、展開が想像ついたけど、
やっぱり泣けた。

ただ、人物の背景を説明したかったのか、伏線を引きすぎてるのか、
導入部分がだいぶ長い。ビデオテープなら、早送り対象かも。
後半三分の一で急展開、怒涛のごとくエンドまで突っ走る。

ラストシーン、彼は救われたのだろうか。
観ている側に結論はゆだねられたように思えた。

う〜ん、ラブストーリーと言っても、重いな。
デートとかで言ったら、その後の会話、しばらく無いよ・・・。
でも、こういう内容の映画も二人で観るべきだと思うな。


私の頭の中の消しゴム 【ギャガ・コミュニケーションズ】
監督・脚本:イ・ジェハン
出演:チョン・ウソン ソン、ソン・イェジン
posted by tiny baby at 11:07| Comment(1) | TrackBack(31) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。