2005年11月23日

インファナル・アフェアV 終極無間
[無間道V 終極無間] (2003/香港)



良かった。アンディ・ラウの狂っていく様が。
始めは、どういうことだ?誰が敵だ?って思ってたら、
ラストのビックリすることといったら。
え〜〜!!みたいな。

良い人間になりたかったんだよね。

でも、シリーズ3作のなかで、やっぱり印象的なのは
1番初めの「インファナル・アフェア」
ラストは想像できるけど、それぞれのシーンの衝撃度は
こちらの方が大きいでしょう。


インファナル・アフェア 終極無間 【コムストック】 
出演:トニー・レオン、アンディ・ラウ、レオン・ライ、ケリー・チャン、
   アンソニー・ウォン、エリック・ツァン、チャップマン・トゥ、
   サミー・チェン、カリーナ・ラウ、チェン・ダオミン
posted by tiny baby at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2046[2046] (2004/香港他)

img src="http://sparkling.up.seesaa.net/image/82Q82O82S82U.jpg" align="left" /> <
「花様年華」の続編ということらしいけど、
こちらは見ていないので、比較はできませんが。

まぁ、ものすごく混沌としていて、
わかるようなわからないような。
映像はキレイでしたが、ストーリーが難解でついていけず。

新聞記者のトニー・レオンが書く小説のタイトルが「2046」。
そこの登場人物が木村拓哉。
チャン・ツィイーは現実の世界の人で・・・・とかなんとか、
見終わってから整理整頓して、やっとわかるような。

それにしても、キムタクは何をやってもキムタクなのね。
どれも全部一緒で、それを個性と呼ぶべきか、大根と呼ぶべきか
正直悩みます。


2046 【ブエスビスタインターナショナル】
監督:ウォン・カーウァイ
出演:トニー・レオン、コン・リー、木村拓哉、フェイ・ウォン、チャン・ツィイー、
   カリーナ・ラウ、チャン・チェン、マギー・チャン、ドン・ジェ
posted by tiny baby at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

タップ・ドッグス[Bootmen] (2000/オーストラリア)


やってしまった。2度目のレンタル。
「タップ・ドッグス」借りなきゃ、って
あえて選んで借りたのに。

冒頭シーンで、一瞬デジャヴかと思った。
けど、いつ見たか、どんな映画か
さっぱり記憶にない。はぁ・・・。

実在のチームを元にした映画で、
たしか最後、工場だか倉庫だかで
チャリティータップショーをやるんだったかなぁ、
なんて思いながら、再び鑑賞。

大正解でした。
ホント、タップのシーンはめちゃかっこいいのよ。
そこはしっかり覚えてた。

本物が見たいね。

タップ・ドッグス 【20世紀フォックス】 
監督:デイン・ペリー
出演:アダム・ガルシア、サム・ワーティングトン、ソフィー・リー、
   ウィリアム・ザッパ、アンソニー・ヘイズ

TAP DOGS 2005年1月来日公演サイト  
posted by tiny baby at 18:21| Comment(0) | TrackBack(1) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探偵事務所5 (2005/日本)


「私立探偵濱マイク」のスタッフが再結集と聞き、
わくわくして見た。
ちなみに探偵事務所5(ご)って読むみたい。

結構長い。っていうのも2本立てだから。
主人公は変わるけど、話はリンクしている。

「濱マイク」を期待したら、ちょっと違うかも。
でも、5ナンバーから始まる3桁のコードネームってのが、
007みたいで、原案はどこから出てきたのか興味あるな。

みんな黒いスーツに、黒の帽子がユニフォームで、
建物の中で行き来する姿は気味悪いけど。
黒のスーツもそれぞれ個性があっておしゃれ。

何よりおもしろいのは、ネットドラマとしても配信されてること。
両方見て、「探偵事務所5」のことが理解できる仕組みっていうことかな。

さっそく見てみなければ。


探偵事務所5 【メディア・スーツ】 
監督:林海象
出演:成宮寛貴、宮迫博之、貫地谷しほ、佐野史郎、上原歩、渡辺一志、池内博之、
   橋本真実、牧口元美、矢島健一、近藤芳生、綾田俊樹、SHOGO(175R)、
   田中美里、永瀬正敏、宍戸錠(声のみ)
posted by tiny baby at 04:52| Comment(0) | TrackBack(2) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリー・ポッターと炎のゴブレット
[Harry Potter and the Goblet of Fire] (2005/アメリカ)


思うに、シリーズの中で、一番良かったんじゃないかな。

ハリー達三人組や、ロンの兄弟達も大きくなって・・・。
っていうか、魔法学校って何年制?
全部で6だか7話あるらしいけど、このままのキャストで
いけるか心配になった。
ここまで見慣れると、キャスト交代になったら、ヤバそう。

まぁ、レンタルして過去の3作をおさらいした甲斐がありました。
登場人物で混乱することもなかったし。
と言っても、おさらいしなくてもたぶん見れるね、
ハリー・ポッターは。

やっぱり、本が読みたくなった。
今度読んでみよう。


ハリー・ポッターと炎のゴブレット 【ワーナーブラザース】 
原作:J・K・ローリング
監督:マイク・ニューウェル
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、
   レイフ・ファインズ、ブレンダン・グリーソン、アラン・リックマン、
   ロビー・コルトレーン、トム・フェルトン、マイケル・ガンボン、
   ゲイリー・オールドマン、ミランダ・リチャードソン、
   ジェイソン・アイザックス、マギー・スミス
posted by tiny baby at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

イン・ハー・シューズ[In Her Shoes] (2005/アメリカ)



超好き。私の中での久々のヒットかも。

ストーリーもすごくスッキリまとまっていて、
見やすかったし。
ちなみにコメディじゃぁ、ありません。
シャーリー・マクレーンとか、
トニ・コレットとか、演技の上手い女優さんも
揃ってて、安心して映画の世界に没頭できました。

それにしてもキャメロン・ディアス、
めちゃくちゃでかわいい。
28歳の役ですが、実際の彼女はもうちょい年上。
まぁ、アメリカの映画って、高校生でも高校生に
見えなかったりするから、
あまり深いことは気にせず見ればいいかな。

トニ・コレットなんか、初め太っているのが、だんだん痩せていって。
それが、「そう、そうなの。わかるわかる〜」って感じで。

「アリー・マイ・ラブ」や「セックス・アンド・ザ・シティ」とかが
好きな人なら、きっとハマるね。
きっと、私ならマギーかな、私ならローズかなって思うはず。
でも、絶対どっちも持ってるから。

男諸君、女はこう考えてんだぞって気分。
口説くときは、心してかかってちょうだい〜!

イン・ハー・シューズ 【20世紀フォックス】 
監督:カーティス・ハンソン
脚本:スザンナ・グラント
出演:キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン
   ブルック・スミス、リチャード・バージ、ノーマン・ロイド、
   エリック・バルフォー、アンソン・マウント
posted by tiny baby at 01:50| Comment(0) | TrackBack(12) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
[Harry Potter and the Prisoner of Azkaban] (2004/アメリカ)


4作目のためのおさらいで見たものの・・・。

賢者の石秘密の部屋と同様に、本で読みたい。

4作目を見ることがあったら、
この話の登場人物はハリー&ロン&ハーマイオニーという
登場人物が居て、ハリーの両親の死んじゃった理由と、
ハリーが何故偉大な魔法使いになるのかを説く物語ということを
理解していればいいってことだな。

でも、3作品の中で、これが一番しっかり見れたかも。
出てくる登場人物みんな怪しくて、ちょっと結末にドキドキした。


ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 【ワーナーブラザース】
原作:J・K・ローリング
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、
   ゲイリー・オールドマン、ロビー・コルトレーン、マイケル・ガンボン、
   アラン・リックマン、フィオナ・ショー、マギー・スミス、ティモシー・スポール、
   エマ・トンプソン、ジュリー・ウォルターズ、トム・フェルトン、
   デヴィッド・ブラッドリー〔英〕、デヴィッド・シューリス、
   リー・イングルビー、ジュリー・クリスティー、ロバート・ハーディ
posted by tiny baby at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリー・ポッターと秘密の部屋
[Harry Potter and the Chamber of Secrets] (2002/アメリカ)

img src="http://sparkling.up.seesaa.net/image/83n838A815B837C83b835E815B94E996A782CC8FAC959489AE.jpg" align="left" /> <
4作目が公開っていうんで、おさらいのつもりが、
結局、あきれている感じ。

だいたいさ、ダーズリー一家もハリーが気味悪いなら、
ホグワーツにとっとと戻して、追い出しちゃえばいいのに。
家に閉じ込めるだけ閉じ込めて、サッパリ意味わからない。
窓に鉄格子までわざわざ付けちゃって。

そしてあの空飛ぶ車、森に住み着いちゃったってこと?
 
奇奇怪怪ね、相変わらず。
どんどん気味悪い役の人出てくるし。マルフォイ親子はバッチリだけど。
さらに、ボスキャラとの闘いは前回同様、意外にあっさり勝利。

やっぱりこのシリーズは本で読みたいな。
それとも、私が純粋さを忘れちゃったのかなぁ。・・・・う〜む。


ハリー・ポッターと秘密の部屋 【ワーナーブラザース】
原作:J・K・ローリング
監督:クリス・コロンバス
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、
   リチャード・ハリス、マギー・スミス、アラン・リックマン、
   ロビー・コルトレーン、フィオナ・ショー、ジョン・クリーズ、
   トム・フェルトン、ケネス・ブラナー、ジェイソン・アイザックス、
   デヴィッド・ブラッドリー〔英〕、ジュリー・ウォルターズ、ロバート・ハーディ
posted by tiny baby at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリー・ポッターと賢者の石
[Harry Potter and the Philosopher's Stone] (2001/アメリカ)


4作目が公開されるってことでおさらい。
っていうか、過去3回、一度として最後までキチンと
見切れた記憶がない。

でも、今回は頑張ったよ〜、意識して画面に集中したもの。
悪い映画じゃないんだけど、なんだろうねぇ。

あとさ、ホグワーツから来る郵便から逃げるために、家まで出ちゃうなんて、
なんておかしな人なんだろう。ウケる。
きっとピュアな心を失くしちゃったんだろうねぇ。

結局のところ、どっちかって言うと、この映画見るより、
小説の方が読みたいかも。


ハリー・ポッターと賢者の石 【ワーナーブラザース】
原作:J・K・ローリング
監督 クリス・コロンバス
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、
   リチャード・ハリス、マギー・スミス、アラン・リックマン、イアン・ハート、
   ロビー・コルトレーン、フィオナ・ショー、ジョン・クリーズ、トム・フェルトン、
   ジョン・ハート、デヴィッド・ブラッドリー〔英〕、ゾー・ワナメイカー、
   ジュリー・ウォルターズ
posted by tiny baby at 07:26| Comment(0) | TrackBack(4) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

トレジャー・ハンターズ[WITHOUT A PADDLE] (2004/アメリカ)


大人の「グーニーズ」だね。この映画。

いわゆるB級映画の匂いがプンプンだけど、
そこが逆に面白かったかな。
各所にいろんなアドベンチャー映画のパロディが
見え隠れするし。

ドタバタコメディではあるけれど、結構ジーンときちゃったりもする。
デコボコ3人組が絶妙で。

大人が、子供の頃は楽しかったなぁって、
かえりみながら、楽しむ映画ってところかなぁ。

幼馴染みっていいもんだなぁって思わされちゃう。


トレジャー・ハンターズ 【UIP】 
監督:スティーブン・ブリル
出演:セス・グリーン、マシュー・リラード、ダックス・シェパード、
   バート・レイノルズ
posted by tiny baby at 02:24| Comment(0) | TrackBack(5) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

プレイメイト no.6 「フェイス イン フェイス」


新宿。THEATER/TOPS。

すまん。うっかり寝てしまった。
前日徹夜だったからか。
とはいえ、他にも寝息をたてている人が居たから、
私だけじゃないんだと思う。

テンポ悪かったのかも。なんか、言葉の掛け合いの間が
あまりリアリティなくて。相手のセリフを待ってる感じというか。

イケメン俳優が、顔だけでなく中身も渋みのある役者になりたいから、
この顔を整形してくれって美容形成外科医のところにやってくる話。

そのイケメン俳優の整形を止めに入ってくる事務所の社長役出てきたが、
その人は上手かったなぁ、だんだん本当に社長に見えてくる。
ほりすみこさんて言うのかぁ。お笑い芸人の友近みたいな雰囲気。

プレイメイトno.6 「フェイス イン フェイス」
出演:西興一朗、新谷真弓(ナイロン100℃)、平賀雅臣、ほりすみこ、
   濱田かずよ、杉下絵美、近江谷太朗

posted by tiny baby at 02:29| Comment(0) | TrackBack(1) | ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙堂第6回公演 宇宙堂5周年記念第2弾「風回廊」


三軒茶屋。世田谷パブリックシアター。

『花粉の夜に眠る戀〜オールドリフレイン〜』も観たが、
渡辺えり子の舞台はすごく好きだなぁと。

すごく抽象的で、難解といえば難解なんだけど、
観るたびに、「人として生きるってどんなこと?」って
考えてしまう。そんなことも考えつつ、観終わった後は
夢心地な感じがして、なんか気分が良くなるのが好きな理由かもしれない。

それに今回はアコーディオン奏者のcobaさんがキーパーソンとして、
coba=小林春樹という配役もあり、さらに演奏もあることで、
また一興だったとも思う。
小学校の音楽クラブとかで、アコーディオンを触ったことはあるが、
アコーディオンの音色がまるで感情を持って生きているみたいで、
話しかけられているみたいで、改めてcobaというアーティストの
凄さにも驚いた。

大駱駝艦(だいらくだかん)のダンサーたちの存在にも圧倒された。
あんなモンスター達との融合がとても美しく、
渡辺えりこってホント凄い。

そういえば、川原亜矢子も出ていたなぁ。

久々、もう一回観たいと思う舞台だった。

宇宙堂第6回公演 宇宙堂5周年記念第2弾「風回廊」
出演:coba、川原亜矢子、有薗芳記、高谷あゆみ、藤浦功一、
   村松卓矢(大駱駝艦)、八重樫玲子(大駱駝艦)、田村一行(大駱駝艦)、
   我妻恵美子(大駱駝艦)、塩谷智司(大駱駝艦)、高桑晶子(大駱駝艦)、
   西はじめ、川波幸恵、片桐勝彦、杉嶋美智子、土屋良太、
   渡辺えり子、奥山隆、木村絵里、木村真弓、野笹由紀子、吉田裕貴、
   梅原晶太、熊倉一美、多賀健祐、谷口幸穂、田辺愛美、藤澤太郎、
   加藤記生、川崎侑芽子、東澤有香、戸沢俊啓、和田広記、
   草谷夏枝、高倉美佳、加藤亜依
posted by tiny baby at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。