2005年11月02日

プレイメイト no.6 「フェイス イン フェイス」


新宿。THEATER/TOPS。

すまん。うっかり寝てしまった。
前日徹夜だったからか。
とはいえ、他にも寝息をたてている人が居たから、
私だけじゃないんだと思う。

テンポ悪かったのかも。なんか、言葉の掛け合いの間が
あまりリアリティなくて。相手のセリフを待ってる感じというか。

イケメン俳優が、顔だけでなく中身も渋みのある役者になりたいから、
この顔を整形してくれって美容形成外科医のところにやってくる話。

そのイケメン俳優の整形を止めに入ってくる事務所の社長役出てきたが、
その人は上手かったなぁ、だんだん本当に社長に見えてくる。
ほりすみこさんて言うのかぁ。お笑い芸人の友近みたいな雰囲気。

プレイメイトno.6 「フェイス イン フェイス」
出演:西興一朗、新谷真弓(ナイロン100℃)、平賀雅臣、ほりすみこ、
   濱田かずよ、杉下絵美、近江谷太朗

posted by tiny baby at 02:29| Comment(0) | TrackBack(1) | ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙堂第6回公演 宇宙堂5周年記念第2弾「風回廊」


三軒茶屋。世田谷パブリックシアター。

『花粉の夜に眠る戀〜オールドリフレイン〜』も観たが、
渡辺えり子の舞台はすごく好きだなぁと。

すごく抽象的で、難解といえば難解なんだけど、
観るたびに、「人として生きるってどんなこと?」って
考えてしまう。そんなことも考えつつ、観終わった後は
夢心地な感じがして、なんか気分が良くなるのが好きな理由かもしれない。

それに今回はアコーディオン奏者のcobaさんがキーパーソンとして、
coba=小林春樹という配役もあり、さらに演奏もあることで、
また一興だったとも思う。
小学校の音楽クラブとかで、アコーディオンを触ったことはあるが、
アコーディオンの音色がまるで感情を持って生きているみたいで、
話しかけられているみたいで、改めてcobaというアーティストの
凄さにも驚いた。

大駱駝艦(だいらくだかん)のダンサーたちの存在にも圧倒された。
あんなモンスター達との融合がとても美しく、
渡辺えりこってホント凄い。

そういえば、川原亜矢子も出ていたなぁ。

久々、もう一回観たいと思う舞台だった。

宇宙堂第6回公演 宇宙堂5周年記念第2弾「風回廊」
出演:coba、川原亜矢子、有薗芳記、高谷あゆみ、藤浦功一、
   村松卓矢(大駱駝艦)、八重樫玲子(大駱駝艦)、田村一行(大駱駝艦)、
   我妻恵美子(大駱駝艦)、塩谷智司(大駱駝艦)、高桑晶子(大駱駝艦)、
   西はじめ、川波幸恵、片桐勝彦、杉嶋美智子、土屋良太、
   渡辺えり子、奥山隆、木村絵里、木村真弓、野笹由紀子、吉田裕貴、
   梅原晶太、熊倉一美、多賀健祐、谷口幸穂、田辺愛美、藤澤太郎、
   加藤記生、川崎侑芽子、東澤有香、戸沢俊啓、和田広記、
   草谷夏枝、高倉美佳、加藤亜依
posted by tiny baby at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。