2006年05月14日

劇団黒テント 第58回公演「森の直前の夜」


神楽坂。theatre iwato。
斎藤晴彦さんの一人舞台。
観客はおじいちゃん、おばあちゃん多し。
そりゃ、斎藤晴彦さんが66歳だから仕方ないことなのか。

主人公は、とにかく、そこに相手がいるのか、いないのか、
雨の降りしきる中、一生懸命語りかけている。
その話が妄想なのか、事実なのか、とにかく紡ぎだされる言葉の数々。
舞台には酒瓶いっぱい。何百個という数。
いったいどうやって集めたんだろう。酒屋とかからもらうのかな。

寝てる人もチラホラ。そりゃそうだ。
一人の男の心の叫びを聞かされてても、さっぱりわからないもの。
演劇のことを知っている人だったら、うなずいて見れるものなのだろうか?

でもちょっと好きだったかも、この舞台。
たぶん、主人公はホームレスなんだろう。
よく街で独り言を言いながら歩いている人とか見かけるけど、
そういう人なんだと思う。
その孤独、欲望、プライドとかが一緒くたになっている気がした。

「オレ、別にお金をくれっていってるんじゃないんだ。
ただ、キミとコーヒー飲みたいだけなんだ」ってセリフ。
彼は本当の人間に話しかけたかったのか、
それともこうやって一人で語っているので良かったのかなんて、
きっと彼にしかわからない。
そして、本当は今夜雨宿りをする場所が欲しかったんだという気持ちが
わかって欲しい反面、オレのこと簡単にわかって
もらってたまるかってプライドがあったんじゃないかなぁと。

舞台が終わった後、アフタートークってやつで、
佐伯さんという方が突然話し出した。
プログラムによると、翻訳・監修をされた方らしい。
話してることはチンプンカンプン。
いわゆる演劇論だから、無知な私にはとてもわかる話ではない。
大学の授業も持っているそうで、まるで講義を聴いているみたい。
誰々の戯曲はこうでああでとか、解釈がどうのこうのとか。
意味はわからなかったけど、その人の語り口が面白かった。
メモをしている学生さんらしきも居て、
舞台を見たら単位がもらえたらいいのにねぇって思ってた。
後ろに予定を入れていなければ、もうちょっと聞けたのに残念。


劇団黒テント 第58回公演「森の直前の夜」
原作:ベルナール=マリ・コルテス
演出・美術:佐藤信
翻訳・監修:佐伯隆幸
出演:斎藤晴彦
posted by tiny baby at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。