2006年04月02日

プリシラ[The Adventures Of Priscilla, Queen Of The Desert]
(1994/オーストラリア)


すごく良かった。こういう映画大好き。
12年も前の映画なのに、
そんな雰囲気が全然感じられないくらい!

性転換者のバーナデット、
バイセクシャルのミッチ、若くヤンチャなフェリシアの3人の
ドラッグクィーン(派手に女装したパフォーマー)が、
シドニーから砂漠を越えたリゾート地でショーをするため、
“プリシラ”と名づけたバスにのって旅をするロードムービー。

道中、車の故障やいろいろ出来事があって、
彼らが旅を通して何を思い、得ていくのか、
涙あり、笑いありで見せられていく。
自分達の性ゆえに、喜んだり悲しんだりではあるんだけど、
全然ジメジメしてなくって、明るい。
超強烈なキャラの男3人もだんだん女の人に見えてくるから不思議。

それにしても、まぁ、衣裳が派手で、派手で。超最高。
全編通して流れるディスコナンバーが、かっこいいし!
あのテレンス・スタンプが踊るのよ!? すごすぎる。
俳優魂というか、偉大な人だと再認識。

もちろん考えさせられる部分も多いけど、
見終わると、なんだかハッピーでスッキリした気分に。


プリシラ 【ヘラルド・エース】
監督:ステファン・エリオット
出演:テレンス・スタンプ、ヒューゴ・ウィービング、ガイ・ピアース
posted by tiny baby at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。