2006年04月10日

劇団イディオ・サヴァン第1回公演 「馴れあう観客」

新宿。タイニイアリス。
知り合いの知り合いから誘われ、
何の予備知識も無いまま観た。

最終日だったせいなのか、この劇団の人気なのか、
狭い小屋ギュウギュウのお客で埋め尽くされ、
人の熱気でちょっと酸欠気味。

なんていうか、意味わからなかったけど、とても面白かった。興奮した。

帰宅して、思わず「馴れあう」って意味を調べてしまった。
馴れあう・・・1 互いに親しむ。
       2 共謀して悪事をたくらむ。ぐるになって他をあざむく。
       3 男女が情を通じ合う。

無言劇っていうの? とくにセリフは無い。
上半身にはサラシを巻き、真っ黒のスーツ姿に帽子。
あるといえば、私達観客を嘲笑う声や呻き声、足踏みが随所に。
全体に暗い舞台と、スタンドライト一灯。
そして途中途中差し込まれる映像や踊り。

中盤で、衣裳がえがあった。男性は女装、女性は男装に。
舞台上で男女の役割が入れ替わるのだが、服を脱いだとき、
男性は女性物の下着を、女性は男性物の下着を付けていた。細かい。

ふいにそのスタンドライトが客席に向けられて、舞台が見えなくなる。
っていうか、ウチラ観客が見られている立場に。
場面によっては、演者達は束になって私達のことを指さし嘲笑う。
おちおち、居眠りなんてしていられない。なんと攻撃的な舞台だろう。
そういった意味では、演者は2の意味で観客と“馴れあい”、
観客は1の意味で演者と“馴れあった”のかもしれない。

この舞台に、意味があるのか、メッセージがあるのか、
そしてそれが何なのか、私にはさっぱりわからなかったけれど、
惹きこまれた。身体が緊張して痛くなった。

ふと男女の演者たちが、精子と卵子なのかもしれないって思った。
まぁ、まったく根拠は無い。正解なんてあるのか、ないのか・・・??だし。
男女の入れ替わりや、舞台のあちらこちらへの動き、五体満足か不満足か、
楽しいのか怒っているのか、人としてゆがんでいるのかそうでないのか、
そこには倒錯的な3の意味の“馴れ合い”も含まれているんじゃないかと、
勝手に思っただけで。

演出の人は、第三エロチカに居たんだって。そりゃ攻撃的なわけですよ。
それに、どっちかっていったら、人の負の部分を抽出してるんだもの。
嫌いな人には嫌いな舞台だろうなぁ。

次の公演はいつだろう。


劇団 IDIOT SAVANT「馴れあう観客」
作・演出:恒十絲
出演:朱尾尚生、藤田健彦(顛覆劇場)、白井緋沙子(フェイムステージ)、
   日野有紀、福田正博
ダンス:えみり〜、真由美、RIKI、CHIE(以上クロイツ・ダンスアート)
エキストラ:横手祐樹、鈴木朋子、沖悠央

posted by tiny baby at 06:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

劇団イディオ・サヴァン「馴れあう観客」
Excerpt:  劇団idiot savant 「馴れあう観客」が新宿・タイニイアリスで開かれました(4月7日-9日)。作・演出の恒十絲さんと俳優の朱尾尚生さんにインタビューしたのに、日程のやりくりが出来ず肝心の舞台..
Weblog: wonderland
Tracked: 2006-04-23 00:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。