2005年06月26日

二重誘拐[The Clearing] (2004/アメリカ)



まさに、ナンセンスな邦題をつけたものです。

観終わって、「え?どこが二重?」と思ってしまった。
まったく意味のわからんタイトルだ。

この邦題によって、観客を動員しようと思ったのかねぇ。
ほとほと、邦題のセンスのないつけ方に呆れます。

確かに誘拐劇だけど、どちらかというと誘拐そのものよりも、
誘拐された男と家で安否を気遣う妻との心の絆を描く
ヒューマンドラマといった感じ。

なので、タイトルでドキドキハラハラのサスペンスを
期待してはいけない。そういう私も、その一人だったが!

誘拐という事件によって、長年連れ添った夫と妻が
深く相手のことを考え、お互いの気持ちが明確化してくるという、
心の描写劇としては、ありなのかな。

だから、事件そのものがどうだったとか細かい描写は
あまりなされてなかったし、
サスペンスとしては、そもそもこの映画のジャンルが
違う気がするので評価できないけれど。

お互い分かり合えて良かったようにも思えるし、
誘拐なんてなければよかったのに!とも思える。

なんか切なくなった。


二重誘拐 【20世紀フォックス】 
出演:ロバート・レッドフォード、ウィレム・デフォー

posted by tiny baby at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。