2005年07月26日

プリティ・プリンセス
[THE PRINCESS DIARIES] (2001/アメリカ)


ジュリー・アンドリュース、すごく好き。

でも、この映画を見る世代は、
この女優さんのすごいことを知らないだろうなぁ。

特にアン・ハサウェイたちを目的に見る人たちは、
「サウンド・オブ・ミュージック」や
「メリーポピンズ」など、知らない世代なんじゃないかなぁ。

ジュリーについて言えるのは、どの役をやっても高潔にみえる。
それだけに、この役は現在の彼女にはベストマッチな役だと思う。

なんていうか、里見浩太郎の水戸黄門が、
どうしても長き人生を経て老成した水戸光圀には見えないことと似ている気がする。
里見浩太郎という人もまた、どの役やってもお殿様にしか見えない。

そんなことは置いておいて、この映画はおもしろかった。
随所に笑えるシーンも含まれているし、ハプニングももちろん、
エンディングもお決まりのパターンで、とても理解しやすい。
カウチポテトしながら、頭を使わずに楽しみたいときは最適なのかも。

こういった「マイフェアレディ」的な、「プリティ・ブライド」的な
シンデレラストーリーは、本当アメリカの得意とする分野だなと思う。
っていうか、監督は「プリティ・ブライド」の監督でもあるし。

製作はホイットニー・ヒューストンだったけど、
音楽があんまり印象に残らなかったなぁ。

パート2はどんな感じなんだろう。見てみなくては。

プリティ・プリンセス 【DISNEY】 
製作:ホイットニー・ヒューストン
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:ジュリー・アンドリュース、アン・ハサウェイ、ヘクター・エリゾンド、
   ヘザー・マタラッツォ、キャロライン・グッドオール、マンディ・ムーア、
   ロバート・シュワルツマン
posted by tiny baby at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。